名古屋での結婚式場比較ならコチラ!

TOP > 名古屋の結婚式場情報 > ゲストのことや雨の日対策まで考えた名古屋での結婚式場選び

ゲストのことや雨の日対策まで考えた名古屋での結婚式場選び

名古屋での結婚式場選びは迷いやすいですが、実際に招く参列者の人数も考えた時に、その式場に招待客を全員収容できるかを確認する必要がります。
昔ながらの神前式を専門とする会場だと、収納人数もかなり限られるので、親族のみという事も多いです。
チャペルウェディングは流行りという事もあり、小さな規模もあるとしても大きな規模の方が多く、収容可能人数規模もそれだけ大きくなります。
流行りのチャペルは独立型になっているケースが多いので、挙式当日に雨が降った時には、ゲストが雨にぬれずに済むかも考えることです。
結婚式に雨が降れば、日本では雨降って地固まるということわざで、うまく片づけられますが、それでもゲストが雨でぬれてはいけません。
雨が降った時の対処も万全であるかも、式場選びでは確認をしておくべき点です。


春や秋には名古屋でも結婚式が多くなるので、結婚式場は満員御礼なケースは多いですが、意外と穴場なのはなるのウェディングです。
気温も一気に上がって発汗も多くメイク崩れもする夏に、なぜ結婚式と考える人もいるでしょうが、夏の持つ明るい印象はほかにはない魅力になります。
まぶしいほどのはっきりとした青い空に、白い入道雲がトレードマークの夏は、明るさで満ち溢れた生命力あふれる時期です。
時間的にも涼しい頃合いを選べば、ホテルでのガーデンウェディングも風情がありますし、夏は無いとウェディングも人気があります。
夜であれば真夏の太陽も沈み、涼しい時間帯に突入をしますし、真夏の夜は楽しい雰囲気が満載です。
また夏といっても6月の梅雨シーズンであれば、まだ8月ほどの本格的な日差しではありません。
女性が憧れる6月の、幸せになれると言われている、ジューンブライドを目指すのも一つです。


名古屋での結婚式場会場探しで実際に足を運んでみたら、思うのほか設備がよくて会場を決定したというカップルも結構います。
映像設備や音響などの設備も最新式で一通り揃えられていたり、招く招待客が心地よく過ごせる空間であったりと、実際に設備を見て納得をして、満足をしたから契約というカップルは多いです。
女性に関していえば会場でチェックをしたいポイントは、メイクを直せる空間であり、メイクルームやトイレなどがキレイだと、それだけでポイントが上がります。
会場選びでここに使用と決定をするポイントとして、ブライダルフェアで食べた食事が気にいって、そのまま契約というケースです。
もちろん会場の設備やスタッフの対応も大切ですが、結婚式での楽しみは食べることの割合が大きいので、食事がおいしいかどうかは外すことはできません。

次の記事へ

TOPへ